こんにちは、補助者の河合です。

成年後見制度 →認知症、
知的障がい、
精神障がい
の方たちを法律的に保護&支えるもの

と episode 9 で書きました。

成年後見人は

・不動産や預貯金などの財産管理

・介護サービスなどの契約

・遺産分割協議( episode 12 参照)

などを本人に代わって行います。

成年後見人制度は

本人
(成年被後見人)

の不利益にならないよう
本人の財産を守ることが目的です。

ここで注意したいのは

成年後見人の行う財産管理は

安全確実であることが原則のため

資産活用や相続税対策ができないのです。

つまり

本人の財産を使って

資産活用、例えば預貯金をおろして
株式や投資信託を購入したり

外貨貯金をすることは禁止されています。

また

本人の財産を使って

相続税対策のためにアパートを建てたり

賃貸物件を購入することも禁止です。